NEWS

2019.12.02

J-KISS型新株予約権方式による資金調達を実施 – EC業界の更なるセキュリティレベル向上を推進

クレジットカード不正利用対策ソリューションを提供する株式会社アクル(東京都港区、代表取締役:近藤 修 以下、当社)は、J-KISS型新株予約権方式による資金調達を実施しました。

今回の調達資金は、主に当社の提供するクレジットカード決済における不正検知・認証システム「ASUKA」の機能拡充や、採用などの人材への投資へと活用します。

今回の資金調達の総額および調達先は非公開となります。

不正検知・認証システム「ASUKA」について

クレジットカード決済をはじめとするキャッシュレス決済の普及・拡大の中、EC業界では不正利用による被害が拡大傾向にあり、セキュリティレベルの向上が求められています。

当社では、非対面取引におけるクレジットカード不正利用を防止する不正検知・認証システム「ASUKA」の提供を2018年12月に開始しました。すでに、国内大手OTA事業者やCtoCプラットフォーム運営事業者など複数のクレジットカード加盟店にご利用頂いています。

カード業界出身メンバーを中心に構成される当社は、その知見やノウハウを活用し、不正利用や被害に課題を抱えるカード加盟店と共に、伴走しながら不正の排除やセキュリティレベルの向上を実現しています。

Akuru Social Utility Key Assesment の略称である当社の不正検知・認証システム「ASUKA」の提供は、カード不正利用の被害に課題を抱える、あるカード加盟店からの相談がきっかけでした。

当時から、3-Dセキュア本人認証サービスやセキュリティコードなど対策の手段はありましたが、エンドユーザーの利便性担保・セキュリティレベル向上の両方を効果的に実現する選択肢はありませんでした。

β版サービスの開発や効果検証など約2年の時間を要しましたが、カード加盟店・決済代行会社の強力なサポートのもと、2018年12月にサービス提供を開始しました。

現在では、多くのカード加盟店に当社の不正検知・認証システム「ASUKA」のコンセプトに共感しご利用頂いています。また、決済代行会社、カード会社などにも、カード不正対策としての効果を評価して頂いております。

■不正検知・認証システム ASUKA お問合せフォーム

<ASUKA サービスイメージ>

今後の展開

当社は今回の資金調達を通じ、不正検知・認証システム「ASUKA」の新機能の開発や、更なる安定的なサービス提供・サービス認知度拡大に向けた体制の強化など、人材への投資を進めてまいります。

本サービスの提供をはじめ、引き続きカード会社・決済代行会社と連携することにより、EC業界からカード不正利用の排除を推進し、利用者・カード加盟店が共に安心できるEC業界の実現を目指します。

株式会社アクル 会社概要

会社名 株式会社アクル
代表取締役社長 近藤 修
本社所在地 東京都港区六本木1丁目9番9号六本木ファーストビル14階
設立 2016年7月1日
資本金 10,000千円
事業内容 クレジットカード不正対策ソリューション、チャージバック保証サービス、集客支援サービス他
URL https://akuru-inc.com/

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社アクル
TEL
03-6866-8558

eメール
info@akuru-inc.com

ANOTHER NEWS

決済に関するあらゆる課題を解決。 AKURU inc.へお問い合わせください。