Akuru inc.

  • CLOUD_
  • CREATIVITY_
  • GROWTH_

独創的な一歩挑戦したい

価値観

価値観が多様化し、良い組織や良いプロダクトの創造などにおいては新しく独創的なアプローチが求められており、その重要性も日々増しています。また、それらのサイクルも非常に速く流れています。

臨機応変

そのような状況下では、昨日までの当たり前を前提に取り組むのではなく、目の前に起こる様々なことに対し臨機応変に対応することや、今日の当たり前を自ら考え創造していくことが極めて重要になってくると考えます。

成長の変革期

今日の日本は、高度経済成長期をはじめ日本の成長期において尽力した偉大な先人たちが築き上げたものであり、私たち世代はその豊かさを享受しています。一方、その豊かさによって今日の当たり前を創造することをおろそかにしている側面も感じています。

グローバル化

今や世界の垣根は無くなりグローバル化は大きく進展しました。新興国の成長も著しく、そういった国々には、かつての日本と同じように高い成長を求めて奮闘する人々があふれています。そのような状況において、日本の相対的な存在感が薄れつつあるのではないかと感じています。今一度、日本を大きく成長させていくのは私たち世代の大きな責任であると考えています。

テクノロジー

テクノロジーの進化によって、私たちの生活は大きく変わりました。その潜在能力はまだまだ大きく、日本の再成長に大きな可能性を秘めています。私たちは、それら進化したテクノロジーを用いて新たなサービス、新たな価値を提供していくことで日本を大きく成長させ、世界を再びリードするような発展に貢献したいと考えています。

創造的に進化

かつての先人たちが抱いていたような強い情熱を絶やさず、進化し続けるテクノロジーで新たな当たり前を創造し続ける。私たちアクルは、そういった創造的なチームでありたいと思っています。

高山 慎太郎 高山 慎太郎

会社概要

会社名
株式会社アクル
(英文表記:Akuru Inc.)
所在地
〒107-0052
東京都港区赤坂3-21-13
昭栄赤坂ビル4F
連絡先
TEL 03-6866-8558(代表)
FAX 03-5575-5118
設立
2016年7月1日
代表者
高山 慎太郎
決算期
12月
資本金
1,000万円
親会社
株式会社ショーケース・ティービー(リンク