MEDIA_ARTICLE

チャージバック保証申請データから見える不正対策の次のステージとは

2019年 アクルチャージバック保証 申請データ

アクルで提供しているチャージバック保証ですが、一定の不正対策を条件付けしていても、チャージバックの発生が多くなってきました。それだけ不正利用者が巧妙になってきている証拠なのですが、一定の商材がやはり相変わらず狙われているようです。


「2019年チャージバック保証申請/商材別割合」

「アパレル」と「コスメ」は不正利用者のターゲット?

2019年以前より、「アパレル」「コスメ(化粧品)」はチャージバックの多い商材ではありましたが、より際立ってきたイメージです。

それには理由もあります。実は上図については、あくまでもアクルチャージバック保証サービスに加入している加盟店さまの保証申請データということもあり、昨今保証サービス加入自体が難しい、「ブランド品」「家電」「旅行商材」といった商材は、そもそも絶対数として少なく、割合としては低く出てしまっています。

それ故、「アパレル」「コスメ」が際立ってしまったというわけです。


保証加入可能性の試金石

ただし、このデータはある可能性を示唆しています。つまり今後2020年以降、新規でチャージバック保険や、チャージバック保証サービスに加入できるか否かの試金石となりえるデータでもあるということです。

それは、「ブランド品」「家電」「旅行商材」などが辿ってきた道と同じなのです。いつか来た道ではないですが、今後新規での「アパレル」「コスメ」商材でのチャージバック保険やチャージバック保証サービスの加入は、難しくなることを暗に示唆しているのです。

まさかの時の安心ということで、保険や保証を全く否定するわけではないですが、「アパレル」「コスメ」商材でのチャージバック対策は、まさに違うステージに移りつつあると感じています。

見えない敵と戦う

「アパレル」や「コスメ」など狙われている商材に群がっている不正利用者は、年々その姿がわからなくなってきているのが特徴です。注文情報に不自然な点がなくなってきているのです。これはアクルで、特にこの商材における保証申請データ、注文情報を分析した結果です。

敵の姿が見えなければ、その対策もできないわけで、そういう意味では簡易な不正検知システムや、目視では限界が来ているのです。


敵の正体を暴くには

2019年はコスメやアパレルの加盟店さまに、アクルの「ASUKA」というソリューションの提供が増えてきております。これは高度な不正検知認証ツールを導入することで、見えない敵を暴き、牽制することができるからです。

目視では確認できないリスクポイントを、決済が走る前に自動的に確認し、牽制するのは、アクルの「ASUKA」しかできないことです。

伴走者を見つける

不正検知ツールを導入したが、全く使いこなせていないといったお話はよくお聞きします。大切なのは、不正を弾く運用を一緒になって伴走してくれる相手、仲間です。

アクルの強みは、まさにこの伴走者としてのフォローアップになります。

不正利用にお困りの加盟店さま、特に「アパレル」や「コスメ」を取り扱う加盟店さまは、不正対策のステージがいよいよ切り替わる時です。

是非アクルまでご相談ください。


<無料> – 国内外のチャージバック関連レポート

期間限定でチャージバック関連レポートを無料でご提供しています。

日本・欧米諸国のチャージバックの実態、日本国内におけるクレジットカード不正利用の被害・トレンドやその対応策についてまとめたものです。

以下のバナーをクリックし、ダウンロードページよりご確認ください。

*本資料のダウンロードは予告なく終了となる場合があります。ご了承ください。

<PR> – アクルの不正検知・認証システムサービス

当社ではカード加盟店向けの不正検知・認証システムサービスを展開しています。

サービス詳細・導入事例は以下のページをご確認ください。

SHARE

チャージバック、不正対策、統計など、知見や対策を解説

決済に関するあらゆる課題を解決。 AKURU inc.へお問い合わせください。