MEDIA_ARTICLE

ネットショッピングでやってはいけない3つのこと ~ 不正に遭わないための法則

念のためにクレジットカードの不正利用の手口をおさらいしておきましょう。

  1.  なんらかの形であなたのカード情報が漏洩する
  2.  そのカード情報を使って、第三者がショッピングサイトでお買い物する
  3.  第三者にモノは届くので、第三者はそれを転売などしてお金を得る

ざっくりいうとこんな手口です。今回の記事は不正の被害に遭わないための内容なので、言わずもがな、そうですね。

上の1にある、カード情報を漏洩させないための話をしていくことになります。

不正の被害に遭わないため=カード情報を漏洩させないために、絶対にやってはいけないことは以下の3つです!

  1.  色んなサイトでショッピングしている
  2.  カード会社や銀行からのメールを信用している
  3.  電車やバスなどでネットショッピングしている

1. 色んなサイトでショッピングしている

これ、結構やってる人多くないですかね?実は割と危険なんです。

具体的には以下の危険性があるんです。

  ①偽サイトに出会う確率が高くなっていまう

  ②情報漏洩するかもしれないサイトに出会う確率が高くなってしまう

①偽サイトに出会う確率が高くなる

欲しい商品を探すときに、まずgoogleやYahooなどの検索エンジンを使ってる人は特に危ないです。以前にamazonや楽天のフリをした偽サイトが横行していた時期もありました。

そういった偽サイトが検索結果に出てきてそのリンクを踏んでしまった場合、ほぼ本物サイトと変わらない見た目なので、そのまま購入しようとし、偽サイトにカード情報をまんまと抜かれることになってしまいます。

しかも、偽サイトなので商品も届きません。なおかつ搾取されたあなたのカード情報でバンバン勝手にモノを買われます。ダブルパンチですね。

②情報漏洩するかもしれないサイト

サイトはちゃんと購入できる真正なサイトの話ですが、特にニッチなモノを探している場合が該当するかもしれないです。

ネットショッピングではお客様のクレジットカード情報含め個人情報を取り扱うので、ショップ運営者はそれなりのセキュリティ体制がないといけません。

しかし、なかなかそこまでお金のかけられないサイト運営者の場合、運営コストを低く抑えるためにセキュリティの甘いインフラやサービスを利用してしまうことも少なくありません。

こうしたサイトに出会いにくくするためには、使うサイトをある程度限定しておき、そのサイトURLをお気に入りなりブックマークに登録しておくことです。僕の場合は、よく使うネットショッピングはアプリ版をインストールしていて、アプリからしか買い物をしないようにしています。


2. カード会社や銀行からのメールを信用している

これも該当する方は多いかもしれないです。なんとなくカード会社や銀行からメールが来ていたら、そわそわしたり、ちゃんと読まなきゃ、みたいな人もいるのではないでしょうか?

もしそういう人がこの記事を読んでくれているのだとしたら、こう言いたい。

カード会社や銀行が重要なことを伝えようとしていたとしたら何度か同じような件名でメールが来ます!

もしそれを無視していても、そのうち書面も届くので、基本斜め読みで大丈夫です!

最近はドメインとかも巧妙にそれっぽいものでなりすましメールを送ってきたりしますからね。

過去に流行っていたのが、カード会社や銀行のなりすましメールにURLの記載があり、それを踏むとログイン画面っぽい画面があって、そこでカード情報や口座情報を抜き取るっていう手口です。

そのフィッシングサイトでも、どこか日本語がぎこちなかったり、ロゴの解像度が低かったりと違和感はあるものの、なかなか見破りにくいので、安易にカード会社や銀行と名乗るメールを信用しないことが大事です。

そうならないためにも、さっきと同じですがクレジットカードや銀行のマイページないしはアプリはちゃんと登録して、いつでもアクセスできるようにしておきましょう。仮にメールがあって怪しいなって思ったら、マイページに行きましょう。マイページのお知らせ欄にも同じ案内が来ているか確認しましょう。


3. 電車やバスのなかでネットショッピングしている

これはなかなかびっくりしたのですが、電車でいきなりクレジットカード取り出してケータイにカード情報を打ち込んでいる人がいるんですよね。

意外に危ないからやめたほうがいいですよ。

周りにどんな人がいるか分からないんですから。絶対にやめておきましょう。

最後に、、、

クレジットカードの不正利用は許されないことです。でも、なかなか国境越えてそれが行われていたりするので、取締りがなかなか難しいのが現状です。

できるだけ不正の被害に遭わないようにするためにも、みなさんの安全なネットショッピングの一助になれれば幸いです。


<無料> – 国内外のチャージバック関連レポート

期間限定でチャージバック関連レポートを無料でご提供しています。

日本・欧米諸国のチャージバックの実態、日本国内におけるクレジットカード不正利用の被害・トレンドやその対応策についてまとめたものです。

以下のバナーをクリックし、ダウンロードページよりご確認ください。

*本資料のダウンロードは予告なく終了となる場合があります。ご了承ください。

<PR> – アクルの不正検知・認証システムサービス

当社ではカード加盟店向けの不正検知・認証システムサービスを展開しています。

サービス詳細・導入事例は以下のページをご確認ください。

SHARE

チャージバック、不正対策、統計など、知見や対策を解説

決済に関するあらゆる課題を解決。 AKURU inc.へお問い合わせください。